タガログ 辞書 単語 会話 を高速検索! − TAGALODIC.COM
HOME | 過去の記事一覧 | タガログ語・辞書の関連リンク | 海外航空券サイト集 | フィリピンにメールを送る | メトロバンクで送金 | ENGLISH |
Tagalog Search :
メトロバンクで送金

送金に必要なもの

フィリピンへの送金にはいろいろな方法がありますが、 今回はメトロバンク(METROBANK)を使った送金を試したので、 どんな感じの流れで送金するのかを順を追って説明します。

今回の送金の条件としては、受け取る相手が、フィリピン国内のメトロバンクの支店に口座を持っている事を前提にしています。 書類には、メトロバンク以外のフィリピン国内の銀行に送金できるような記述がありましたが、それについては詳しくわからないので、それには触れません。

メトロバンクの日本国内の支店は東京と大阪にあります。

以下、各支店の住所と電話番号です。

■東京支店 〒101-0065 千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル1F
TEL:03-3237-1403 [Map]

■大阪支店 〒541-0053 大阪府中央区本町4-2-5 近鉄本町ビル1F
TEL:06-6252-2226 [Map]

電話で問い合わせたところ、手続き方法としては、郵送と窓口の二つの方法があるそうです。

送金に必要なものは、

●受取人の住所
●電話番号
●名前
●支店名
●口座番号
●身分証明書
です。

口座開設の必要はありません。送金のみを受け付けてくれます。

 

窓口に行く

メトロバンクの東京支店に行きました。

正式名称は「メトロポリタン銀行東京支店」です。
(METROPOLITAN BANK AND TRUST COMPANY)

入り口の正面に順番待ちの発券機があるので、それを取って呼び出しを待ちます。

カウンターに行き、「海外送金をしたい」といいます。
すると「PINナンバーはありますか?」と聞かれるので、「ありません。初めてです」と言えば、
「海外送金登録依頼書兼告知書」という書類をもらえます。
記入する個所を教えてくれますし、日本語も併記されているのでそれほど迷うことは無いと思います。

書き込む項目は、 送金依頼人(この場合は自分)の名前・住所・電話番号と、 受取人の名前・住所・電話番号・(メトロバンクの)支店名・口座番号です。
他にも書き込む欄がありますが、指示がなければ空欄のままで大丈夫です。

順番がきたら記入済みの書類と身分証明書(運転免許証等)を出します。

受取人の口座が、メトロバンクの口座なら、その場で口座番号と口座の名義人が一致しているかを確認できるようです。
その場で確認が誤送金や送金の遅延がなくなるので安心です。

そして送金額を聞かれます。 送金の手数料は2,000円なので(2006年1月現在)、
送金額+2,000円が必要と言う事です。 これで送金手続きの大半が終了しました。

あとは、PINナンバーと今回送金したレシートが発行されます。

 

PINナンバーを貰う

次回の送金の際に、PINナンバーを伝えれば手続きが簡単になります。

PINナンバーには、初回に書類に書き込んだ内容が登録されていて、 メトロバンクで照会すれば、送金依頼人の情報と受取人の情報が分かる仕組みです。
イメージとしては、日本の銀行のATMにある、「振込みカード」のような機能があります。



画像の「PIN」の欄に例として書かれている「11111-1」がPINナンバーです。「-」の後ろにある「1」は枝番号になっていて、同じPINナンバーに複数の受取人の情報を登録する事が出来るようです。

今回は受取人を1件だけ記入しましたので枝番号はありませんでした。
しかし実際の書類には、送金依頼人(自分)に対して、3件の受取人を記入できるようになっています。

そして、このPINナンバーがあれば、銀行振込みによる送金も可能になります。
メトロバンクの指定する送金用の銀行口座に振込みをし、その際に振込人(自分の名前)の前にPINナンバーを記入して振込みをすれば、メトロバンクから自動的に受取人の口座へ送金をしてくれます。
これで、自宅からネットバンキングを使用しての振込みや近所のATMからも送金が可能になります。
(送金時の「円→ペソ」へのレートは電話で問い合わせできます。)

初回の送金手続きを、窓口でするか郵送にするかの違いは、
>>窓口なら送金とPINナンバーの取得がいっぺんに出来る。
>>郵送は送金手続きをし、PINナンバーを貰ってから、実際の送金をする。
といった程度です。

 

送金から着金まで

平日の3時までの送金であれば、当日中に受取人口座へ着金するようです。
ただし日本が平日であっても、フィリピンが祝日の場合は分かりません。
送金を急ぐ場合は、銀行にその都度確認したほうがよいかもしれません。

今回は、日本とフィリピンが共に平日で、 送金を終えたのが、ちょうど2時頃でした。
送金から約1時間半後に無事に着金したと連絡がありました。
実際は、もう少し早く着金していたのではないかと思いますが、フィリピンのインフラを考慮すれば、
当日中に間違えなく届けばよしとします。

今回、メトロバンクで送金した際のレートは0.4400でした。
この時点でフィリピン(マニラ)現地での平均的なレートを調べると、
空港 :0.4490 (1万円→4,490ペソ)
市内 :0.4550 (1万円→4,550ペソ)
ホテル:0.4200 (1万円→4,220ペソ)
ですので、それほど悪いレートでないのが分かります。

今回は、受取人の口座の関係で、メトロバンクでの送金を試しましたが、 PNBもほぼ同じようなサービスをしているようです。

受取人や状況に合わせて使い分ければ、いいんじゃないでしょうか。

Hot Items
Not found...

| HOME | 過去の記事一覧 | タガログ語・辞書の関連リンク | 海外航空券サイト集 | フィリピンにメールを送る | メトロバンクで送金 | Chikka V4 日本語化DLL | ENGLISH |

RSS RSS1.0
タガログ 辞書 単語 会話 -TAGALODIC- HTTP://TAGALODIC.COM/
- プライバシーポリシー -

Copyright 2008-2009, SHIN & MJ KOBE all rights reserved.